老化精子は危ない

0034
知人のB子さんが、たまの休みに遊びに来た。まだ三十代の後半だが、ご主人はとっくに還暦を過ぎて六十代なかば。自営業で、なかなか活発にやっておられる人物である。
B子さんの訪問の理由は、すぐわかった。さる映画スターの父親、往年の二枚目俳優が若い夫人に子どもを産ませた話を持ち出したからである。
「私たちも子どもをつくったらどうかしら、と最近うちの人が言いだしたんですの。だって、うちの人はあの二枚目さんより十何歳も年下なんですもの。
きっと元気な子どもができるんじゃないかしら」数年前に再婚したとき、どちらも年齢のことを考えて、子どもはつくらない方針だった。
それが、どうやら老スターに刺激され、あらためてその気になってきた、ということらしい。
たしかに、男には更年期なんてものは存在しない。だから八十歳でもセックスは可能だ。ただし、精子そのものは、年齢なみに〃老化″しているものである。
「女性の高齢出産は奇形児の出生率が高いから危険だといわれるでしょう。あれは、卵子が古いから突然変異で細胞分裂のときに染色体異常を起こしやすいのが原因なんですよ。
男性の精子の場合も、これと全く同じ。老化による危険率は無視できませんねえ」
B子さんは、ちょっと不満そうな表情になった。〃相手の女性が私みたいに若けりや問題ないんでしょう″と、顔に書いてある。
面倒見が良いオンナはモテます。あなたも出会える アプリ ←ここで頑張ってパートナーを見つけましょう。
「おたくの場合、六十代と三十代だから、まあ、いいでしよ」私はちょっとからかってから言葉をつづけた。
「でも夫が七十、八十だと、考えもの。奨励しにくいと言ってるんです。奥さんが若けりや、ヨタヨタの精子でも取りこんで受精し、妊娠してしまう。
そんな場合、医学的には手放しで喜べないなあ、ということですな」妊娠後六ヵ月近くなれば、羊水検査で胎児の健康状態は調べられる。
しかし、それも特定の疾患がわかるだけで、100%OKというわけには参らないのだ。「まあ、これはごく一般論を言っただけのことで、いろいろ例外もあるでしょう。
あの老スターのところも、赤ちゃんは健康なんでしょうね」私がそう言うと、B子さんはニンマリ笑った。
「つまり、うちの人が七十歳になるまでに目的を達成せよ、ということですね」B子さんは健康な楽天家である。こういう女性は、きっと達者な子どもをつくるに違いあるまい。